品質保証への取り組み

株式会社ベジテック理化学分析センターでは、放射線検査・残留農薬分析において試験所及び校正機関の能力を認める国際規格:ISO/IEC17025認定を取得し、精度ある分析、厳密な検査結果の提供を実施しております。

品質保証体制

私たちは、分析業務では「正確な検査」を実施、遂行することが最も重要と考えています。
その品質を保証するため当センターでは、ISO/IEC17025試験所認定制度による品質管理、技術管理体制を導入し、信頼性向上に努めております。

ISO/IEC17025試験所認定取得

適用基準
JIS Q 17025:2005
(ISO/IEC 17025:2005)
初回認定日
2010年2月23日
認定番号
RTL03050
認定機関
財団法人日本適合性認定協会

ISO/IEC17025とは

試験所又は校正機関が試験又は校正をおこなうことにあたり、その能力があるものとしての認定を受けようとする場合の一般要求事項を規定した国際規格です。
「ISO/IEC17025」とは、大別すると「技術的能力要求事項」及び「マネジメントシステム要求事項」の2つの要求事項から構成されています。「マネジメントシステム要求事項」とはISO9001:2008の原則を満たしており、その関連する要求事項に沿ったものです。

ISO/IEC17025 ISO9001(マネジメント)品質・システム・運用 IEC Guide25 的確な技術

ISO/IEC17025の認定を受けることによって…
国際的に通用する試験所として認知されます。

理化学分析センターでは以下の分野でISO/IEC17025試験所認定を取得しています。


放射線検査については、国内では4機関目、厚生労働省登録機関以外では国内初の取得です。

理化学分析センターは、JAB(公益財団法人日本適合性認定協会/Japan Accreditation Board)から放射線試験及び残留農薬分析でISO/IEC17025試験所認定を受けています。
JABは国際組織ILAC(国際試験所認定協力機構/International Laboratory Accreditation Cooperation)のメンバーです。

高品質・そして信頼できる体制維持のために

理化学分析センターが、信頼できる分析機関であるために、そしてみなさまへ高い精度のサービスを提供するために、以下の取り組みを継続的におこない、信頼性向上へつとめています。

サーベイランス

ISO/IEC17025試験所認定制度に基づき更新審査を除き4年間で2回の監査(サーベイランス)が実施され品質システム、技術管理の確認を受けます。

内部監査

ISO9001に基づき内部監査部門を設置し、各部門毎に重点監査項目を定め書類、工程を確認、ヒアリングし監査します。問題点が発見されると監査側と非監査側で論議が行われ、問題点の共有化がなされ是正措置を実施します。 この繰り返しによって、品質保証体制の向上に努めていきます。

外部精度管理 FAPAS(ファーパス)

英国食料環境研究庁が開発した食品や微生物等の技能試験スキームで、世界99ヶ国以上、3000以上の試験所がこれまでに参加している世界最大級の外部精度管理技能試験です。当センターでは、毎年参加し検査技能を客観的に確認しております。


ウォーキングスルー(施設初見案内)の様子
放射能検査機器管理、手順工程の監査の様子